HOME>アーカイブ>外壁のヒビは放置すると危険。塗装でリフォームしよう

建物のメンテナンスと外観の美を保つ

家の模型

外壁は、常に雨風にさらされているためにヒビや剥がれが生じやすい場所です。ヒビを放置しておくと、そこから雨水が建物に侵入して柱や土台を腐らせます。建物内は湿気が溜まり、柱は湿気を抜かなければ腐って家が傾いてきます。さらに黒カビが生じて、住人が喘息やアトピーになるリスクが高まります。そこで家と住人を守るために、外壁塗装が役に立ちます。塗装を施して外壁のヒビを塞ぐことで、雨水もそれ以上は入りません。だんだんと時間をかけて柱や土台も乾き、家の中の湿気が減少するのです。勿論外壁塗装をすると、ヒビや剥がれのない綺麗な外壁になって外観も良くなります。外壁は家の外側でみんなの目に付く場所なので、美しくしておくことが大切です。外壁塗装を行うだけで、中古の家がまるで新築のように見違えって見えるものです。外壁塗装をすることのメリットとして、家を長持ちさせて美観を保つことが大きいと言えます。

塗装を行うのは10年を目安に

女性作業員

外壁塗装を行う際には、信頼のおける業者とよく打ち合わせをして良質な塗料を選ぶことが大切です。塗料の種類はたくさんありますが、一般的な塗料の耐久性は約10年です。10年は見た目も綺麗で防水効果などの機能性も持つとされています。ところが安さだけで塗料を選ぶと、5年ほどしか持たないケースもあります。また悪徳業者に引っかかって、高い塗料を使って外壁塗装をしたのに5年も経たないうちに剥がれて水もはじかなくなったという話もあるのです。塗料の種類は、シリコン系やラジカル系が一般的で人気と言えます。汚に強く防カビ性にも優れており、耐用年数は8~15年です。そのほか、ウレタン系塗料などが見られます。グレードや予算、重きを置く条件によって、適切な塗料選びをしたいものです。

広告募集中